マルチク
商品 知る・楽しむ
 トップ > 会社情報 > 歴史と沿革
歴史と沿革
ごあいさつ 企業理念 会社概要
グループ企業 リンク集
1963年




1964年

1965年




1966年



1967年


1969年

1970年

1972年

1977年


1978年


1979年



1982年



1985年

1987年

1994年

2001年



2003年

2006年
昭和38年 5月




昭和39年 4月

昭和40年 4月

9月


昭和41年 5月



昭和42年 5月


昭和44年12月

昭和45年 4月

昭和47年 4月

昭和52年 7月


昭和53年 3月


昭和54年 4月

9月

昭和57年 6月



昭和60年12月

昭和62年 4月

平成 6年 6月

平成13年 9月

11月

平成15年 9月

平成18年 5月
名古屋市中区小林町1-30にマルナカ畜産商事株式会社を
設立。
ブロイラー及び畜産器具・機械の販売を開始。
資本金800万円

商号を株式会社マルチク(現社名)に改称。

名古屋市中川区畑代町において、ブロイラー取扱い開始。

大阪営業所を開設(大阪市生野区田島町)し、関西地区のブロイラー取扱い拠点とする。

愛知県一宮市千秋町にブロイラー処理工場を新設。鶏肉卸販売に本格参入する。
資本金3,200万円に増資する。

本店を名古屋市中川区畑代町2-12に移転。ブロイラーの販売拡大とともに、畜産器具・機械部門の独立。

大名古屋食品ビルに直営店をオープン。

大阪営業所を改組、株式会社マルチク。

岩倉市石仏町天王に社員寮完成。

岐阜県山県郡美山町にブロイラー処理工場を開設。
美山工場。

全農チキンフーズ(株)よりフレッシュブロイラーの供給を受ける。

コンピューターを導入し、鶏肉市場と連動。

本店を一宮工場(一宮市千秋町町字西浦1)へ移転。

(株)イシイフーズ(石井養鶏農業協同組合)
(徳島県石井町)と業務提携。
フレッシュブロイラーの供給を受ける。

増資により資本金3,680万円。

海外取引の拡充とともに社員寮改築。

新社屋完成。

マルチク指定農場よりEME豚の供給を受ける。

甲斐食産(株)より、さわやかチキンの供給を受ける。

農協食品(株)より、さわやかチキンの供給を受ける。

旭食肉協同組合より、い・も・ぶ・たの供給を受ける。